STEEL & SOCIETY鉄鋼製品と社会

巨大な船舶や橋梁向けの厚板をはじめ、高層ビルを支える建設鋼材、
各国のエネルギー産業向けに使用される鋼管、
自動車の各種部品や家庭内の家具・家電製品に至る迄
鉄は私たちの身の回りの様々な場面に存在し、生活を支えています。

「鉄は国家なり」と謳われ、あらゆる産業の基盤として
国家の発展に寄与してきたのが鉄鋼という素材であり、
現在も経済発展が著しい新興国を中心に需要が伸び続けています。
メタルワンは鉄鋼総合商社としての多岐にわたる機能を用いて、
社会に対して鉄鋼の供給を行っています。
ここでは鉄鋼製品と社会の結び付きと鉄鋼がもたらす影響について紹介します。

社会インフラ

巨大な橋梁や高層ビル、鉄道、高速道路など、国が発展していく上で必要となるインフラの建造には鉄が欠かせません。地域と地域の間で人や物資の架け橋となる橋梁は幾重にも束になった鉄のワイヤーロープで繋がれ、国家を縦横断する鉄道レールも鉄によって形作られています。また、街のシンボルとなる高層建築物やオフィス街の高層ビルは、条鋼・形鋼などの建築鋼材によって建造されます。メタルワンは鉄鋼総合商社としての豊富な経験を活かして、世界各国のインフラ整備に関わり、各種鋼材の安定供給を行っています。

エネルギー

石油採掘の為の海洋構造物や化学プラント、発電プラント、原油・天然ガスのパイプラインやタンク、石油タンカーなどにも、大量の鉄が用いられます。エネルギー採掘現場となるマイナス60℃の極寒地域をはじめ、いずれも過酷な条件下で国家のライフラインを守るために、耐震性、耐強度、耐食性などの特性を持った高品質な鋼材が求められます。現代社会の生活を営む上で欠かせないエネルギーの安定供給を支えるのは鉄鋼であり、メタルワンはリーディングカンパニーとして、世界各地のエネルギー・プロジェクトに参画しながら、人々の生活を支えています。

自動車産業

自動車の重量の約70パーセントは鋼材であり、100種類以上の鋼材部品によって構成されています。基本骨格であるボディをはじめ、ドア、バンパー、マフラー、燃料タンクに至る迄、鋼材は自動車のあらゆる部分に使用されています。鋼板のみでなく、エンジンやシャフトなどの基本性能に関わる重要部品、更にタイヤ内部にも棒鋼や線材が使用されています。近年、軽量化が進む自動車産業においては、ハイテンと呼ばれる高強度鋼板も注目されており、メタルワンは鉄鋼メーカーとの密な連携に加えて、事業投資先の加工会社を通じてきめ細かいサービスを提供することで、世界各地の自動車メーカーや部品メーカーに安定的に鋼材を供給しています。

生活用品

鉄鋼はインフラなどの重厚長大産業のみでなく、オフィス用のデスクや椅子、家庭内のテレビ、冷蔵庫、洗濯機などの家電製品、キッチンのシンクや浴槽など、私たちのすぐ身の回りにも使われています。生活用品の多くには薄板と呼ばれる加工性に優れた鋼材が使用されており、耐食性などの特性を付加するために、表面に様々な処理を施され、家電製品や飲料缶などに姿を変えています。特に磁気性や伝導性に優れている電磁鋼板は家電製品のモーターや変圧器に用いられており、メタルワンは電力需要が旺盛な新興国の発電所向けにも同鋼材を供給しています。また、クロムなどの元素が添加されたステンレスは錆びにくい特性を持ち、調理器具やシンクなどの水回りにも欠かせない素材です。

先端技術

インフラ整備やエネルギー向けの重厚長大産業、家電や家具などの生活用品向けに使用されてきた鉄鋼は、現在に至る迄世界各国の発展と繁栄を支えてきました。新興国を中心に安定的に需要が伸長していくことに加え、今後も進化し続ける先端技術分野でも多く用いられることが期待されます。例えば、現代社会の生活に欠かせないスマートフォンや各国で注目を集めているEV(電気自動車)向けに特殊鋼材が使用されています。更なる可能性を秘めている鉄鋼は、新たな用途を開拓するために日々研究が進められており、メタルワンは「メタル・マーケットメーカー」として、先端技術の開発に伴う鋼材需要を捕捉することでこれからも鉄鋼業界を牽引していきます。